本文へスキップ

八ヶ岳自然散策

夕陽に染まる八ヶ岳岩壁

写真

【2017年12月】
私たちは八ヶ岳東面の夕陽に染まる姿に馴染んでいるが、私は夕照の山容を見たくなり正月明けに信州の中山展望台に登った。
 
ここは八ヶ岳鉱泉から40分ほどの所で、阿弥陀岳、赤岳、横岳それに硫黄岳の山懐に囲まれた標高2400mの小ピークにある。 そこからは2800~2900mに連なるそれら西面の垂直岩壁を真正面に望め、かつ背後には夕陽が沈む中央アルプスまで見通せる。
 
日没までの間、阿弥陀岳と赤岳は直ぐに日陰になってしまったが、日ノ岳から横岳にかけての岩肌は最初くすんだ茶色からそれに黄、金色が加わっていき、 日没寸前で強いオレンジ色に輝いた。刻々と変わる彩色ショーを5時の日没まで30分間にわたって楽しんだ。      (文・写真  青木興家)

このページは、「 八ヶ岳ジャーナル」紙に寄稿した記事を掲載しています。
2017年11月
落葉松黄葉
2017年10月
ヤマブシタケ
2017年9月
朝焼け
2017年8月
メジロのヒナの誕生
2017年7月
キジの若鳥
2017年6月
ヒナバッタ幼虫
2017年5月
ホソバノアマナ
過去の記事へ