本文へスキップ

八ヶ岳自然散策

星空のハナイカリ

写真 【2021年9月】
夏の終わりに可愛い形のハナイカリが高原で咲き始めます。錨のようにとんがった炬が特徴のリンドウ科ハナイカリ属、 日本では一属一種だけの花です。緑がかったクリーム色のつぼみが膨らんできて黄色みが強くなりだんだん炬の先端がほんのり濃紅色に色付きます。 シベ達は花冠の中に隠れて見えず地味な花ですが群生すると星をちりばめたようにも見えます。
 
ところが毎年決まったところで咲いてはいないような気がしていました。 調べてみるとハナイカリは一年草か越年草なのでこぼれ種で毎年新しい苗が出てきているようです。
 
今年も散策路の思わぬ所で星をちりばめた景色に出会うことを期待してアキアカネが赤くなりはじめた高原を散策したいと思います。

(文・写真 渡辺 真由美)

このページは、「 八ヶ岳ジャーナル」紙に寄稿した記事を掲載しています。
2021年8月
コバノコゴメグサ
(小葉小米草)
2021年7月
ラミーカミキリ
2021年6月
ラミーカミキリ
2021年5月
草原のオオジシギ
2021年4月
八ヶ岳周辺のスミレ
2021年3月
ミヤマホオジロ
2021年2月
氷紋(自然はアーティスト)
2021年1月
雪の棒道に座す観音像
過去の記事一覧表