photo
八ケ岳・自然の恵み
 長坂町で湧水といえば、一日8500トンの湧水量を誇る三分一湧水。 10年ほど前に整備され三分一湧水公園としてシーズン中は多くの観光客が訪れています。
しかし、私たち町民が毎日使用している上水道の水源は、 三分一湧水から北西に約4kmの湧水量が一日10000トンの女取(めとり)湧水です。 こちらも三分一湧水同様に日本名水百選の一つになっています。 林の中にひっそりと佇む、この女取湧水には名前に由来する悲しい恋物語の伝説もあります。
これからの季節、棒道の散策ついでに少し北に足を延ばしてマイナスイオンをいっぱい浴びてみるのも良いと思います。
                 (文・写真 藤田宣彦)