本文へスキップ

八ヶ岳自然散策

ザゼンソウ

写真 【2019年3月】
 八ヶ岳南麓の沢辺に咲いていたザゼンソウです。 お坊さんが穴の中で座禅を組んでいるように見えることから、座禅草と名づけられました。
 
尾瀬で有名なミズバョウと同じ仲間で、サトイモ科の植物です。茶色く、花びらのように見える部分は仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれ、葉の一部なのです。 その仏炎苞の真ん中に包まれている、丸い部分が花です。
 
ザゼンソウは高さが10cmほどで毎年、その姿を見るのが楽しみでしたが、この冬は雪がなく、少し残念でした。 今、開発や自然環境の変化によって、数の減少が懸念されています。                       (文・写真 竹内時男)

このページは、「 八ヶ岳ジャーナル」紙に寄稿した記事を掲載しています。
 
 トップ記事
 
次月
 
2019年3月
ザゼンソウ
 
前月
 
 過去の記事一覧表