八ケ岳の初夏を彩るツクモグサ
ツクモグサは八ケ岳の稜線に咲く高山植物で、本州では白馬岳と八ケ岳にしか咲かない限定希少種である。6月に径3cm程の淡黄色の優しい花を付け、高山植物の幕開けを告げる。花と茎を白い軟毛で覆っている姿は可憐さだけでなく、氷河期を生き延びてきた強さもうかがえる。この花の由来は、九十九草とも書き、発見者の父の名と果実が白髪に似ている事から付けられたという。
先日、八ケ岳亜高山帯に咲く希少種のオキナグサが盗掘されていたのを目撃した。厳しい自然の中を生き抜いている山の植物は、採取が一部であっても絶滅への道を辿る。八ケ岳南麓に住む私たちは、これ等のかけがえのない自然を守り、育んで行かなければならないと思っている。
(青木興家)