photo
夜のハンター 貂テン
冬の野辺山高原で撮りました。とはいえ暖かい屋内からです。
仲間と眠さをこらえて出没を待っていると、「貂」の字源の通り、しなやかな動きで密やかに出てきて、 我々との間合いを計ったうえで、仕掛けたエサを狙いに来ました。 目的を果たすと、得意顔(?)で近くの白樺の木にするすると登ると、逆さに降りてきて闇に消えて行きました。
貂は本来、夜行性です。八ヶ岳高原の闇の濃さと静寂さ、星の多さや自然界が作る音や気配は魅力的です。 小海線の甲斐大泉と甲斐小泉の下を通る泉ラインを夜、車で通る時にライトを消してみると真っ暗です。 人工的な光や音のない空間は怖いものですが、動物的感覚も目覚めます。
(文・写真 高木 宥 )