苔むす大泉の水害追悼碑
photo
 
今年も梅雨末期の七月「いまだ経験のない降雨」が九州地方の各地に大きな被害をもたらしました。 北杜市をはじめ峡北地域でも過去に大きな自然災害がありました。
明治以降では、明治三一年九月の台風により、大泉村谷戸地区を襲った八ヶ岳の山腹崩壊で、死者五七名、全壊七二戸の被害を出しています。 明治四十三年八月には山梨県全域で大きな被害がありました。
昭和に入っても、戦争中の昭和十八年九月に小荒間村で、三分一湧水を埋める山津波があり死者も出ました。 昭和三四年八月には、台風七号の直撃により武川村で死者・行方不明二三名,全壊百二八戸、白州町で死者・行方不明4名の被害が出ました。
「災害は忘れたころにやってくる」を教訓に備えを怠らぬようにしたいものです。 (写真は大泉町谷戸にある明治三一年の水害追悼碑『嗚呼地水還身』)
      (文・写真吉柳俊孝)