photo
和製ハーブ《ナギナタコウジュ》
この時期、八ヶ岳南麓では、雪をかぶり乾燥したナギナタコウジュをよく見かける。
 九月から十月にかけて、紫の小さな花を片側だけにいっぱい付け、その反り返った花穂が「薙刀」に似ていて、 漢方の「香需」を作ることで、その名前がついているらしい。シソ科の花で「和製ハーブ」とも呼ばれている。
 秋には、散歩がてらにその花をよく見かけ、写真で楽しませてもらった。
 ある方から、その花がハーブティーに出来ると聞き、早速、先日、その乾燥したナギナタコウジュで、ハーブティー作りに挑戦してみた。 最初、軸と花をハサミで小さく刻み、紅茶と同じ要領で入れると、思っていたよりも色が薄く、二度目からは紅茶の茶葉を少量入れてみると、 色もきれいで、ハーブティーらしさが出てきた。お好みで砂糖を少し入れると飲み易いです。 軸と花を刻まずに、そのままの形で少し炒ってヤカンで煮出しても良いそうです。
 この冬、ワイルドなハーブティーはいかがですか!! 
                  (文・写真 宮西憲司)