photo
ツクモグサ(九十九草)
ツクモグサとの出会いは、6年前の初夏の横岳稜線でした。 聞く所に因れば、本州では同じ時期に咲くウルップソウと並んで八ヶ岳と白馬岳でしか見られない稀少種と言われています。
オキナグサ属の多年草、高さは約10~15センチで、特に咲き始めの茎や葉には軟毛が目立ち、 恰も鶏のヒヨコの様な淡黄色の姿は大変可愛らしく見えます。 この軟毛には、厳しい冬に耐えて生き抜く強かな知恵が隠されているのでしょう。
名前のツクモとは、明治時代の後半に城 数馬氏が八ヶ岳でこの花を採取し、 尊敬する父の名の九十九を花名にしたそうで、軟毛をおじいさんのヒゲに例えたのでは無いそうです。
ツクモグサの由来を知り尚更興味が湧き、毎年のように6月を迎えると横岳稜線の何時もの場所で、 雪解けの枯れ草を押し分けて待っている花との逢瀬を楽しみに出掛けます。  (文・写真 坂本 鋼治)