本文へスキップ

八ヶ岳自然散策

谷間の令嬢

写真 【2022年4月】
 毎年4月の半ばになると会うのを楽しみにしている花がある。 八ヶ岳南麓、川俣川の谷間に咲くクモイコザクラ(雲居小桜)は、サクラソウ科コイワザクラの一変種とされ 別名キヨサトコザクラとも言われている。
 
 大きな群落があるのは川俣川東沢を暫く遡った辺りだが、実は清泉寮近くの岩陰でも花数は少ないが見る事が出来る。 急な斜面のトレールを下ると湿った岩壁に張り付く様に咲いているが、足元ばかり気にしていると見逃してしまうかも。
 
 この写真の株は数少ない白花だが一番多いのはピンク色、 色の濃さのバリエーションは多様で自分の好きな色の株を見つけるのも楽しい。 この時期、清里周辺もやっと新緑に包まれ野鳥の声も華やかな頃、ランチを持って渓谷に降りるのも楽しい。

(文・写真 渡辺 秀正)

このページは、「 八ヶ岳ジャーナル」紙に寄稿した記事を掲載しています。
 
 トップ記事
 
次月
 
2022年3月
ニホンミツバチ
前月
 
 過去の記事一覧表