本文へスキップ

八ヶ岳自然散策

白色のササバギンラン(ラン科キンラン属)

写真 【2022年5月】
 一昨年の5月中旬、別荘地内の道路脇に全身白色のササバギンランが咲いていました。
 
普段はよく見かけるササバギンランですが、これは珍しいと文献を調べると光合成を止めた植物達(菌従属栄養植物) の記事が掲載されていました。 熱帯から亜熱帯に分布し、日本では60種が確認され最も有名なのはギンリョウソウ(ツツジ科ギンリョウソウ属)で 白く幽霊のように見えることから「ユウレイソウ」の別名もあります。
 
この白色のササバギンランは「部分的菌従属栄養植物」で突然変異で生まれて光合成する能力を失い菌類から奪った栄養だけで生存し、 葉緑体を持たない為に白っぽい姿をしているそうです。

(文 坂本房江 写真 鋼治)

このページは、「 八ヶ岳ジャーナル」紙に寄稿した記事を掲載しています。
2022年4月
谷間の令嬢
2022年3月
ニホンミツバチ
2022年2月
降りてきたマヒワ
2022年1月
雪を頂く松
2021年12月
ミコアイサ
2021年11月
晩秋の北八ヶ岳「ニュー」
2021年10月
天狗茸
過去の記事一覧表