本文へスキップ

八ヶ岳自然散策

ウヒョー、ムヒョー!(雨氷と霧氷)

写真 【2023年2月】
 2月にしては少し暖かい日、天狗岳に登ると珍しい気象現象に遭遇した。
 夜半に降った雨が「雨氷」となり、木の枝には氷のコーティングができていた。  また、その日の朝は冷たい風が吹き、氷細工の枝には細かい「霧氷」が付いていた。 薄曇りの空から漏れ出した朝の光にキラキラと輝く「雨氷」と「霧氷」 。
まさに「ウヒョー、ムヒョー」の眺めだった。
 
 「雨氷」は上空の空気が暖かくなる「逆転層」が発生し、そこで降った雨が地表近くの冷気により「過冷却」状態となり、 それが木の枝や岩に触れて瞬時に凍り着く現象。
 「霧氷」は、水分を含んだ風が枝などにぶつかり次々と凍りつく現象で、「エビの尻尾」とも呼ばれ、風上側に成長していく。

(文・写真 渡辺秀正)

このページは、「 八ヶ岳ジャーナル」紙に寄稿した記事を掲載しています。
2024年1月
ヤブコウジ
2023年12月
シモバシラ
2023年11月
秋の棒道
2023年10月
マツムシソウ
2023年9月
ヌメリスギタケモドキ
2023年8月
キツネノカミソリ
2023年7月
ギンリョウソウ
過去の記事一覧表
</