本文へスキップ

八ヶ岳自然散策

雪を頂く松

写真 【2022年1月】
 雪ばれのある日、野辺山高原をドライブした時、枝ぶりの良い松が見えた。 今まで四季折々通っている道だ。 巻層雲の青空と八ヶ岳の雪嶺を背景に、形の良い松の少し雪を乗せた枝が印象を深めている。車を止めてしばし眺めた。 演壇の松の盆栽を思い起こさせる樹形だ。
 
 厳しい冬の季節でも凛とした姿を保っているのが、古来長寿の常盤木として愛でられたのだろう。 二十年前に八ヶ岳南麓に家を入手したとき、庭に野生の赤松の若木が生えていた。 いずれ大木になるし、日陰を作るので今のうちにと切り倒してしまったが、庭には松、との昔気質の義母は残念がっていた。
 
 今回ネット検索で、松樹千年の翠(緑)という禅語を知った。 移ろいやすい自然や人の世の中でいつも変わらないのが松の緑。 残り少なくなったが、我が人生のバックボーンとしてあらまほしきことかな。

(文・写真 高木 宥) 

このページは、「 八ヶ岳ジャーナル」紙に寄稿した記事を掲載しています。
2021年12月
ミコアイサ
2021年11月
晩秋の北八ヶ岳「ニュー」
2021年10月
天狗茸
2021年9月
星空のハナイカリ
2021年8月
コバノコゴメグサ
(小葉小米草)
2021年7月
ラミーカミキリ
2021年6月
ラミーカミキリ
過去の記事一覧表