本文へスキップ

八ヶ岳自然散策

ニオイタチツボスミレの想い出

写真 【2024年4月】
 春が近づくと心が落ち着かなくなる。スミレ探しのワクワク感でいっぱいになるからだ。
 
 ニオイタチツボスミレとの出会いは7年前の4月中旬、家から車で5~6分の谷戸城跡公園だった。 そこには数種類のスミレがあったが南斜面に回った時のこと、見渡すとあちらこちらにスミレの花が目にとまった。
 よく見ると、それはタチツボスミレの様でもあるが、葉がそれよりも少し細長く、花弁は円みを帯び中心部は白く抜けている。 顔を近づけるとほのかに甘い香りがした。何と優しい感じのスミレか!「ニオイタチツボスミレ」と教えてもらった。 私は一目でこのスミレに心魅かれた。
 
それ以来、毎年ここでのスミレ観察が恒例となった。 最近ニオイタチツボスミレが少なくなっているのが残念だが、今年も又会いに行くのを楽しみにしている。

(文・写真 坂元みき子)

このページは、「 八ヶ岳ジャーナル」紙に寄稿した記事を掲載しています。
 
 トップ記事
 
次月
 
2024年4月
ニオイタチツボスミレの想い出
前月
 
 過去の記事一覧表